空き家対策特別措置法

空き家対策特別措置法とは?

MENU

空き家対策特別措置法とは?

2014年11月26日に公布されたのが、空き家対策の推進に関する特別措置法、いわゆる空き家対策特別措置法です。

 

空き家をお持ちの方はもしかしたら関係があるのかもしれないと興味をお持ちでしょう。高齢化と核家族化が進む中で、親が亡くなって相続した実家を空き家のままにするケースが増加しています。

 

これが特定空き家増加の主な原因だと考えられているのです。空き家は実際に人が住んでいる家よりも定期的なメンテナンスが必要で、手入れをしないと家屋にダメージが出やすくなります。

 

景観を損ねる、衛生的に問題がある、防犯上問題がある、そして倒壊などの危険性も考えられるなどの理由で、周辺住民からも不安視されます。そこで、各自治体が調査を実施し、空き家の持ち主に指導や勧告、命令することまでできるようにしました。

 

持ち主は、空き家の補修、処分を勧められるでしょう。本来であれば個人の財産ですので、自治体から指導や命令を出して立ち入ることが難しい問題です。

 

ところが地域によって空き家の数がかなり多くなり、これ以上、問題を拡大させないためにも行政がタッチして良いと定めました。

 

最終的には代執行といって代わりに行政で処分を検討することもありますが、空き家を解体するには多額の費用が掛かるため、全ての空き家を行政で処分することもできない状態です。

 

実際に行政からの命令を受けて空き家を処分した持ち主は、かなり危険な状態を把握していても後回しにしていた様子で、周辺住民に怪我をさせたらその責任のほうが重いと感じ空き家の処分に至っています。

 

もし、現在ご自身で所有する空き家を売る場合も管理が不十分なら、空き家対策特別措置法の対象となった場合、まず行政から改善の指導があるものだと思ってください。

 

すぐに適切な対応するのは難しいケースもありますので、話し合いながら解決を目指すことになるでしょう。不動産業者では、こういったことを背景として空き家をメンテナンスする代行巡回サービスを提供しはじめました。

 

費用が安価であれば利用するのも良いのではないでしょうか。